完成イメージと予算が決まったら、リノベーション業者選びが最も重要なポイントです。

MENU
  • おすすめ業者

  • リノベのメリット

  • リノベのデメリット

  • リノベの種類

  • コストを新築と比較

  • おすすめ業者

  • リノベのメリット

  • リノベの種類

  • コストを新築と比較

 

「建て替えよりも予算を抑えたい。」
「中古物件を買って、オシャレに改造したい。」
「投資物件を賢くグレードアップしたい。」

 

そんな「痒いところに手が届く」手法として、
近年、注目を集めているのが「リノベーションです。

 

リノベーションは、アイデアとセンス次第で見違える程の素晴らしい空間に変貌し、物件価値を上昇させる無限の可能性を秘めています。

 

実際に、
「3万円/月だった家賃収入が倍になった。」
「中古マンションを大幅リノベーションして、新築の半分以下でマイホームを手に入れた。」
など、「目からウロコ」の話を耳にすることが多くなりました。

 

 

リノベーション成功の秘訣

 

リノベーションを成功させる最大の秘訣は、ズバリ…

 

「限られた予算の中で、

あなたのアイデア・イメージを形にしてくれる業者を見つけること。」です。

 

よほどの強者で無い限り、設計や工事はリノベーション業者へ依頼することになります。

 

どんなに良いアイデアを持っていても、施工業者にそれを形にできる技術力が無ければ、机上の空論で終わってしまいますし、理想を作るのに膨大な費用がかかれば、そもそもリノベーションを選択する意味が無くなってしまいます

 

では、自分の物件にピッタリの施工業者を探すにはどうしたらよいのでしょうか?

 

リノベーション業者の選び方や注意しておきたいポイント

 

 

ポイント① 施工実績

 

まずは、施工実績です。
各業者のホームページには、過去の施工実績が多く掲載されています。

 

自身のイメージに合った設計・デザインがあるかはもちろん、
様々な事例を見ている間に、新たなアイデアがひらめくこともあります。

 

 

 

ポイント② 見積金額と内訳

 

次に、見積です。

 

これは少なくとも4~5社へ依頼しましょう。

 

この時に気をつけることは、「同一条件」で見積依頼をすることです。
条件や予算を合せることで、公平かつ正確な比較ができます。

 

何社も比較するのは手間がかかるし、気負いしてしまうこともあるかと思います。
しかし、本当に良い部屋を仕上げるためには避けては通れないステップなのです。

 

 

 

ポイント③ 担当者の対応

 

最後は、電話やメールの対応です。

 

どれだけ見積金額が低く、カッコイイデザインだとしても、
リノベーション会社との信頼関係が築けなければ、依頼はできません

 

新築物件と異なり、築数十年の物件をベースに「この世で1つのオリジナル」を作り出します。
細かい点をあげれば、イメージとの相違や思いもよらないトラブルが起こります。

 

リノベーションにおいては、
信頼して全てを任せられる業者を探すことが重要課題なのです。

 

 

 

お奨めリノベーション業者

 

リノベーション業者の中でも大手3社をご紹介します。

 

各社に強みや特徴があるので、まずは資料請求をして、じっくりと比較してみることをお奨めします。

 

 

リノべる。

 

リノべる。

 

リノベーションをより身近なモノへと進化させた、業界の船頭的存在です。

 

従来、リノベーションは、程度の良い中古物件を探し、それを改築してくれる業者を見つけるという少し玄人向けの印象がありました。しかし、リノべる。のように、物件探しから改築・改装を一括して面倒を見てくれる会社が登場してからは、建築や不動産に詳しい人じゃなくても、手軽にオリジナル物件を楽しむことができるようになりました。

 

また、物件と改築工事費を一本化してローンを組むことで、総融資枠を広げることができるのもリノべる。の強みです。

 

 

 

 

 

LOHAS studio(ロハス スタジオ)

 

ロハス・スタジオ

 

関東を中心に路面店を多く持つ大手リノベーション会社です。

 

各店舗はオープンな佇まいで、具体的なプランや商談が無くてもフラッと立ち寄れる気軽さがあります。

 

請求資料やHPでは、多くのリノベ事例が掲載されているので、「具体的なプランは考えていないけど、リノベについて知りたい。」という方は、一度HPを訪問し、資料請求してみてください。

 

LOHAS studioの詳細はこちら

 

 

 

 

ひかりリノベ

 

ひかりリノベ

 

「住みたい街で住みたい暮らしを実現する」をコンセプトに、
セミオーダー式リノベーションを展開している会社です。

 

セミオーダー式とは、部屋の雰囲気を「ナチュレ」「アーバン」「ヴィンテージ」の3テイストから選び、設置する家具や設備を決めるものです。

 

複数物件で同じ素材を使って施工できることから、自ずと大量発注となり、リノベコストを圧縮することができます。

 

セミオーダーと言っても、オプションや選択肢が多いので、拘りが強い方でもしっかりと満足できるプランになっています。

 

 

 

 

リノベーションのコスパ

 

リノベーションの最大のメリットは「コスト」です。

 

一戸建で、壁を取っ払い、床や壁を新設するようなフルリノベーションでも、躯体や基礎を流用できるため、新築の7割程度で工事が可能という圧倒的なコストメリットがあります。

 

また、新築物件では、不動産取得税や固定資産税が高額になりますが、中古物件をベースにするリノベーションでは、評価額が低いため、これらの税金を抑えることもできます

 

新築では、10年~15年目までが最も価値の下落が激しいとされますが、リノベ物件では、このような資産価値に頭を悩まされることもありません

 

その反面、評価額が低いということは、ローンの上限融資額の条件が厳しかったり、売却時の査定額が思うようにあがらなかったりというデメリットも考えられます。

 

リノベ物件はまだまだ新しいジャンルなので、日本の不動産市場の中で、どのような立ち位置を築くのかが注目されているところです。

 

新築を建てた場合と比較してのコストパフォーマンスは?

 

 

 

こんな空間で暮らしてみませんか?

 

「アメリカテイスト」「ヨーロピアン」「モダン調」など、思いのままの空間が手に入ります。
最後に、そんな極上空間の一部をご紹介します。

 

実例01

 

実例02

 

実例03

 

実例04

 

実例05

 

実例06

 

実例07

 

実例08

 

実例09


MENU