ダイニングキッチンと隣接したリビング空間を作る時は、費用が高額になる傾向があります。

MENU
  • おすすめ業者

  • リノベのメリット

  • リノベのデメリット

  • リノベの種類

  • コストを新築と比較

  • おすすめ業者

  • リノベのメリット

  • リノベの種類

  • コストを新築と比較

リビングのリノベーションにかかる費用

 

家族の集まるリビング

 

やはり家族の生活空間としてリビングのリノベーションは、一番こだわりを見せたいところです。

 

家族が一段落するリビングは家の中でもっとも広い空間でもあります。
当然、改修スペースも広大になってくるのでリノベーションの費用としてはもっとも割高になります

 

価格帯は安くて100万前後から500万円の間を見ておくといいでしょう。

 

壁や天井のクロスの貼り替えや仕切り壁を撤去したり、フローリングを張り替えるなど多岐にわたります。

 

やはり団地リノベーションでもっとも重点が置かれるのが、細かく区切られた部屋の壁を撤去して広いリビング空間を作りたいということです。

 

特に最近のテレビの大型化に伴いリビングに置くテレビは40インチ以上大きくて60インチというお宅もあります。
それくらい臨場感のあるテレビを適度な距離で見るにはそれなりの部屋の広さが必要です。

 

ラーメン構造のような梁と柱を繋ぎ合わせて固定する工法の団地であれば、部屋を仕切っている壁を撤去することができるので、より広いリビング空間を作り出すことが可能になります。

 

ただし壁によって構造を作っている場合の工法ではこれに対応できないところは注意しておきましょう。

 

このように細かく区切られていた部屋を1つなぎにする場合のリフォーム費用は250万円から400万円程度と捉えておくといいでしょう。

 

このような家族のリビング空間をつくるときはダイニングキッチンとも隣接した工事となるので費用が高額になる傾向があります。

 

とにかくリビングというのは、生活のメイン空間であるので、ぬくもりのある素材選びや採光の感覚、収納スペースの確保などこだわりたいポイントが多岐にわたります。

 

「開放感を演出したい。」「家族がリラックスできる空間にしたい。」「来客が喜んでくれるようなリビングにしたい。」といったこだわりのリノベーションをしたいですね。


MENU