団地の浴室が寒いと言う声も多く、断熱材を壁に入れて暖かくくつろげる空間を作ることも可能です。

MENU
  • おすすめ業者

  • リノベのメリット

  • リノベのデメリット

  • リノベの種類

  • コストを新築と比較

  • おすすめ業者

  • リノベのメリット

  • リノベの種類

  • コストを新築と比較

浴室のリノベーションにかかる費用

 

浴室の画像

 

浴室のリノベーションの費用の相場としては50万円から200万円程度が相場だといわれています。

 

中心的な価格帯としては、100万円200万円程度であるといわれており、オーダーメイドで浴室をリフォームする在来工法かユニットバスを使用してリフォームするかによって費用は変わってきます

 

ユニットバスを利用した方が、予算を安くおさえられますが、メーカーはつくるユニットバスの種類にもピンからキリまであり、予算はその都度変動します。

 

ユニットバス本体の価格は50万円~100万円程度で、比較的安いタイプのものを選択しても工事費と合わせて100万円弱程度の価格になってくるでしょう。

 

ただしこれはユニットバスを交換できる場合であり、リフォーム前のお風呂がどのようなものであるかによっても変わります。

 

特に築年数の深い団地の場合は、多くの場合タイル張りを基調とした在来工法を採用していることが多く、ユニットバスを取り付けたいと思ってもその浴室・浴槽の撤去があります。

 

それが加わると120万円~150万円程度の費用になります。

 

特に浴室の色調やユニットバスの品質というのは、時の流れによって移ろいやすく、古びたバスルームでは気分が落ちてしまうことも少なくありませんね。

 

壁や浴槽の色などは、鮮やかすぎると時が経過したときに顕著に時代を感じることがあります。

 

特にバスやトイレといった水回りをリノベーションすることは、生活空間をより気持よく住めるものに変えてくれます。

 

また最近では高齢化社会の影響を受け、浴室をバリアフリーに改修する世帯も増えてきていることから、浴室のリノベーションに注目が集まっています

 

また団地の浴室が寒いというクレームも多く、リノベーションを機会に、断熱材を壁に入れて暖かくくつろげる空間を作ることも可能です。

 

長く利用するためにも多く予算を割きたい部分が浴室です。

 


MENU