自分が出来そうなDIYリノベーションの範囲を限定して計画的に進めることが求められます。

MENU
  • おすすめ業者

  • リノベのメリット

  • リノベのデメリット

  • リノベの種類

  • コストを新築と比較

  • おすすめ業者

  • リノベのメリット

  • リノベの種類

  • コストを新築と比較

セルフでできるリノベーション

 

リノベーションは、内装工事や工務店などに依頼して業者にやってもらうのは普通ですが、最近ではDIYが流行しており、セルフでリノベーションをする人が増えています

 

これはリノベーションを自分で行いたい人が増えているということの現れでもあります。

 

自分が良いようにリフォームしたいのであれば、自分で行えばいいのです。
そして自分でDIYリノベーションをすることによって、家のことを良く知り、構造を把握することが可能になります

 

その上でセルフリノベーションというのは、家を愛する人にとってとても勉強になることだといえます。

 

ただし技術的にもプロの業者さんに比べて隔たりがあり、完成後の品質にも差があるのは当然のことです。

 

またプロの業者が持っている資材や工具などは大きな差があるのも事実で、できることは限られてくるのもまた当然のことです。

 

そしてもう一つ注意しなければいけないポイントとして、団地やマンションなどの集合住宅の場合は、購入していいても建物全体の管理規約にしたがって水道やガス、電気などのライフラインの修繕は行うことができない場合があります。

 

また資格のない素人がリフォームすることができない場合もあります

 

したがって自分でできるリノベーションのスペースとしては壁紙の貼り替えやフローリングの貼り替え、簡単な収納棚の設置などのに限られてくるのがわかります。

 

特に最近では特別な技術がなくても簡単に貼りつけられて、退去時に剥がすことのできる壁紙なども販売されているので、DIYリノベーションに積極的になる一般人も増えています。

 

プロが使っている電動工具などはホームセンターなどで購入できますが、すべてそろえようとすると莫大な費用がかかります。

 

その意味で自分が出来そうなDIYリノベーションの範囲を限定して計画的に進めることが求められます


MENU